レーザー脱毛の仕上がりをよくするために必要なこと

後処理のやり方で仕上がりに変化が出る

ムダ毛を処理するためにレーザー脱毛の施術を受けたけれど、肌が汚くなってしまった人は、後処理のやり方を間違えている可能性があります。レーザー脱毛の施術を終えた直後は、肌が紫外線に敏感になっているために、普段以上に紫外線対策を重視しなければいけません。日焼け止めクリーム自体に刺激物が含まれている可能性もあるので、レーザー脱毛を終えた後には、紫外線を避けるように行動する事を推奨します。レーザー脱毛を終えて一日ほど経過すれば、肌の状態が改善する事が多いので、日焼け止めクリームでも紫外線に対処できるようになります。海やプールなどに出かける前日に、レーザー脱毛を済ませるような事はせずに、スケジュールを調整しながら施術を受けてください。

施術を受けた部位を温めない

空気が冷える冬場にレーザー脱毛を受けた際には、肌寒いからといって施術を受けた部位を温めすぎないよう注意が必要です。レーザー脱毛を終えた後の皮膚は熱を帯びているので、温め続けると皮膚が腫れてしまう場合もあります。寒さに対抗するために全身を温めるのではなく、レーザー脱毛を受けた部分は保冷剤などで冷やして、その他の部位を温める事で体温を維持してください。保冷剤を使用する際には、タオルなどで保冷剤を巻いてから皮膚に当てるように注意が必要です。もし皮膚に直接的に保冷剤を当ててしまうと、皮膚にダメージを与える事になりかねません。軟膏やクリームどで皮膚を保湿する際にも、皮膚を温めてしまうタイプのクリームを避けておくと、レーザー脱毛で発生した熱を短時間で取り除く事ができます。

レーザー脱毛を銀座で行っているクリニック・サロンは大手チェーンから個人経営までかなりの数です。選択肢が多くていい反面、1店舗に絞るのはかなりの労力が必要です。